ぶもんちょのマラソン備忘録

アラフォー♂がサブ4を目指してブログ開設。レース前の断酒は決してしません。できません。

金沢マラソン3週間前の30キロ走→地獄のURMI

10月1日、オクトーバーラン初日。

会社の安全大会終了後、同僚3人(全員金沢マラソン出走)といっしょに金沢マラソン前の最後の30キロ走(ユルラン)を行う予定をしておりました。

 

13時に大桑犀川緑地(通称ぐるぐる公園)に集合し、コースを相談。4人の中の一番の猛者が、以前、一人で医王山(いおうぜん・金沢市の小高い山)往復の30キロを走ったことがあるらしかったので、あまり深く考えずに、そのコースに決定。犀川を上り下りするのはちょっと飽き気味だったというのもありますし、山道で足を鍛えときたいっていうのもありましたので。

 

4人の中で、距離走に一番自信のない先輩が、着いていけるか心配だと言っていましたが、もう一人の先輩が「大丈夫、ユルランやから」と言って、安心させていました。

 

結果は以下のとおり。これだけ見るとユルランですよね。おかしい部分分かりますか?

f:id:issydon:20161001211814j:plain

 

走り始めは、いつもどおりユルランでスタート。2.5キロ地点あたりから、徐々に上り坂が増えていきます。まだ住宅街なので、まあまあ、こんなもんかと。これくらいの坂なら余裕だろ、と。しかし、3キロを過ぎたあたりから、ちょっと異変が。

住宅もほとんどなくなり、勾配もだいぶきつくなり、いっしょに走っていた4人も、ついにばらけ始めました。

 

ひたすら、歩道のない山道を無言で走ります(登ります)。時折、上から車がやってきますが、ドライバーの方はビックリされてたと思います(すいません)。走ってる人がいるなんて、想定しないような場所ですから。

途中とちゅうに、道路構造令違反じゃね?と思えるような急坂がいくつもあり、いつになったら上り坂が終わるのか(初めて走ったので、何キロ走れば目的地に辿り着くのか知りませんでした)。

 

道ばたに真っ黒い蛇がいて、それに気付いてビクッとなり、条件反射で避けたときは、足を捻るかと思いました。

 

ただ、最後まで歩きたくはなかったので、なんとか上を目指して走ります。あとは自分自身との闘いですよね。

そして、ようやく目的地である「医王前スポーツセンター」に到着。

スタート時の気温は23℃だったので、半袖Tシャツ一枚で走ってましたが、これでもかっていうくらい汗でビチャビチャ。

 

全員が目的地に到着するまでに、5分くらいのタイムラグがありました。

休憩したいのはやまやまですが、シャツがビチャビチャ&標高が高く気温が少し低いため、止まっていると風邪をひいてしまいそうです。

 

最後に到着した距離走に一番自身のなかった先輩が言いました。

「こんなん詐欺や。絶対に訴えてやる!」確かにペースこそユルランでしたが、ぶもんちょ自身もこんな目に遭うとは思ってもいませんでした。

 

帰宅後にガーミンコネクトで確認すると、標高420mの高度まで、10キロ以上登りっぱなし。これはユルランではなく、URMI(ウルトラ・ロード・マウント・いおうぜん)です(大袈裟過ぎる表現でスイマセン)。先輩が「詐欺だ!」というのも頷けます。

f:id:issydon:20161001211732j:plain

f:id:issydon:20161001211747j:plain

風邪をひく前に帰路につきました。帰りは南側の湯涌温泉方面から。

急勾配を登ってきたということは、急勾配を下るということ。本当は、位置エネルギーを利用して、だーーーーっと下りたかったのですが、膝への負担増を考慮し、ゆっくりと下りました。

 

11キロかけて登った高度を、16キロかけて下る感といったじ。下っている最中は心拍数を低く保てるため、非常に楽でしたが、逆に水平な箇所では心拍数が上がり、いつもよりしんどかったです。

 

20キロを過ぎたあたりで、右足裏の外側に痛みが出始めました。水ぶくれか、マメでもできたかなと、痛みに耐えながら走ること7キロ、ようやくスタート地点のぐるぐる公園まで辿り着きました。

芝生の上で靴下を脱いで見てみると、10円玉くらいの水ぶくれができていました。

こんなの初めてです。

結局30キロには至りませんでしたが、30キロ走以上の負荷がかかってますよね?

 

今回の練習で、上りには自信が持てるようになりました。金沢マラソンの上りなんて、全然怖くないぜ。

 

最後に本日の補給関係。

走行開始15分前・・・カレーマン、かじりっこ(シーマヨ)

10キロ地点・・・アミノバイタルパーフェクトエネルギー

15キロ地点・・・アミノ酸3600

20キロ地点・・・shotzレモンライム

水分・・・適宜(500mlペットボトル1本半)

 

特にエネルギー切れ等を起こすことはありませんでした。

翌日も、膝等へのダメージは残っていません。

30キロとフルマラソンって、ほんと違うんですね。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ブログ初心者にあなたの清き1ポチッとを!